BLUE ENCOUNT江口雄也の非現実的理想理論2

BLUE ENCOUNTギター江口雄也のブログです。バンドマン、ミュージシャンの裏話、日常などを綴ります

初めて買うギターの選び方【初心者向け】

はろ

 

今日は先日、自分が新しいギターを買った流れで書くと言っていた

「初心者向けのギター購入時のアドバイス的なブログ」を書かせてもらいます

(ツイッターのリプライなどでもそういうの書いて欲しいみたいな声もあったので◎)

 

f:id:egublog:20191031113849j:plain

 

 

これから楽器を始めて楽器屋でギターを買って見たいと思う人などの

参考に少しでもなれば良いなと思う限りです

あくまで自分なりにまとめて見ました◎

 

少々長いですが、興味ある方はぜひ読んで見てください 

 

 

 

やっぱり初めてギターを買う時ってのは

誰でも緊張するもんだからね笑

 

 

 

 楽器屋に行く前に

 

ギターを買うと決めたら、即楽器屋に行くのもアリですが

それより先に自分がどういうタイプのギターの形とか色が好きかを

ネットであらかじめ調べておくと良いかもしれません。。

 

なぜかというと

ほぼ何もわからない状態で楽器屋にたーーーくさん並んでいるギターに目移りして

何が本当に欲しいかがわからなくなったりすることがあるからです。

 

事前に下調べをした上で

楽器屋でもっと好きなものが見つかったりするぶんには全然良いのですが

とりあえず自分がどのタイプが好きか把握した上で買いに行くのが大事だと思います。

 

 

初めてのギターを買う時に大事なことは?

  

果たして何を重視して買えば良いのか。

 

ギターは、使用する木材、使っているパーツ、作られた年代など

様々な要素によって一本一本音が異なります。

 

でも正直

初心者やギター始めたての人などは

音とか使っているパーツであったりギターに使われている木材なんて

わからない人がほとんどです。

 

それじゃあ、初めてのギターを買う上で大事なポイントは何か。

いくつかあげていきます。 

 

見た目、色の好みの重要さ

 

個人的に初心者がギターを初めて購入する上で一番大事だと思っているポイントです。

 

なんでかと言いますと、

ギターは圧倒的に挫折率の高い楽器であるということに関係しています。

 

 

 

一度は聞いたことがあるかもしれません、、、

 買ったばかりのギターで練習を始めたものの

序盤のFコードで挫折する人が多い!!!

という話。。 

 

 

圧倒的に多いんです。

 

そんな挫折したい時に

見た目が好きなものであったり

色が好きなものであったりすると

この見た目が好きなギターをなんとか弾きたいと思って

最初の挫折ポイントを超えられる可能性が少し上がる気がしています(経験上

 

 

ちなみに今でも僕は

見た目ポイントをかなり重視して

ギターを買っています(もちろん音も重視してますが笑)

やはり見た目が好きなギターを弾いているとテンション上がりますよね。

 

 

 次に、、

 

 試奏は必ずする

見た目の大事さを書きましたが、

言ってもギターは弾くものです。

 

見た目が好きなギターが数本見つかったら必ず試奏して見ましょう。

 

いやいや初めてのギターを買うのに、

試奏なんて無理すぎる。なんも弾けないのに、、、!!! 

って思う人もいることでしょう。

その試奏の乗り越え方は後で書きます。

 

この「楽器屋での試奏

 

苦手という人かなり多いです。

何を弾いていいかわからない。

楽器屋さんの手前、緊張する。

弾いたところでよくわからない。

 

僕も何回やっても未だに楽器屋の試奏は緊張します。

 

 

それじゃあどうすれば良いのか。。

 

初心者向けの試奏方法は?

初めてのギターを買う上の試奏で

大事なことは上手く弾くことより

何よりそのギターが自分にしっくりくるかどうか

そしてそのギターの音が好きかどうかです

 

 だから背伸びして店員さんに自分の持っているテクニックを披露する必要なんて

まっったくありません。

 

試奏する前にチューニング、セッティングがてら

やたらと自分のテクニックを披露する店員さんがいますが

全然気にしなくて大丈夫です。笑

 

 

さて何を弾けば良いのか。

 

試奏するギターを渡されたら

まずEコードを押さえます。

(わからなかったら事前に調べていけば押さえられるレベルのコードです。)

 

押さえたら6弦から順番に力強くジャラーンと弾いて見ましょう。

 

以上です。笑

 

ポイントは弱々しく弾かないこと

コードを押さえるのは超ゆっくりで良いので

弾くときは力強く6弦からしっかり弾きましょう。

 

クリーントーンで歪ませないで弾いた方がわかりやすいかもです。

 

何を見てるかというと

これで楽器の鳴りをざっくりと見ることができます。

 

何本か見た目の好きなギターをピックアップして

全部同じように弾いて見ましょう。

 

同じように弾いて見て

一番自分が好きなEコードの響き方をしているギターを

買うことをオススメします◎

 

 

変に違うフレーズを弾いて比べづらくなるより

簡単でシンプルなやつの方が指標ができて比べやすいです。

 

 

そんなに違いがわからなかったら

単純にその中で一番見た目が好きなやつを選びましょう◎

 

 

 

最後にもう一つだけ

これ必須ではないかもですが僕はわりと気にします。

 

ネックの太さを見る

試奏する時に一緒に確認すれば大丈夫ですが、

左手でネックを握った時に、手にしっくりきた方が良いです。

 

ネックの太さはギターによって固定さがあるので

しっかりと確認しましょう。

 

人によって太い方が弾きやすい、細い方が弾きやすいあります。

 

僕は太すぎると弾きにくいので

そういったものは除外して候補を選んでいます。

 

 

あまり気にならないって人は

初心者のうちはそこまで考えなくても良いかもです。

 

 

 

以上、

ざっと僕が考える初心者向けの方に向けた

初めてのギター購入の注意点など書いて見ました。

 

あくまで自身の考えなので

全てが正しいかどうかの判断はお任せします。

 

少しでも参考になれば嬉しい限りです。

 

 

 

 

それではまた。。

 

ばーい